秋は男肌こそ、要注意

秋は男肌こそ、要注意

朝晩は関東でも涼しくなってきましたが、昼は未だ30℃超え、西日本では35℃の真夏日のところもあるようですね。

さて、その夏に紫外線を沢山浴びた肌は秋になって、どうなるのでしょうか?

一般的には夏のダメージが現れてくると言われています。ましてや日傘や日焼け止めのクリームを日常的には使わない方が多い男肌ほど、「シワ・くすみ・そばかす」などが出てくる。紫外線の事を学んだ時に「UV-A」と「UV-B」があって、「UV-A」は肌の真皮まで届いて、ゆっくりとダメージが蓄積して、やがて「シミ」や「シワ」になって現れてくる、と。

歓迎されない「夏の思い出」

外出することが少なかった今年の夏かもしれませんが、肌は思い出を秋になって出してくる。当の本人の記憶が薄れている頃に、こわー!

夏に肌の保水機能が低下しているところに気温・湿度・皮脂量の低下などの複合的な要素が絡まり合い、肌の乾燥が本格化し始めるのが「秋」ということ。朝晩の気温の低下も喜んではいられない。

なので、朝と晩の洗顔はサボらず、ぬるま湯が心地よい季節なので、しっかりと泡立てして、優しく洗ってあげる事。サボり禁物で。

そして、何より大切なのが「基本の保湿」。

GAコスメティックスの「オールインワンジェル」なら、髭剃り時以外にも使える万能オールインワンジェル。たっぷりと保湿してください。そうそう、肌もターンオバーの乱れから髭剃り時の肌荒れも多くなる季節。やはりプレシェーブとアフターシェーブ、そして夜のお風呂上がりにはオールインワンジェル使いで!

冬が来る前に「カサカサ肌」になっていたり、「粉ふきのオジサン肌」にならないように、秋もスキンケアを楽しみましょう。楽しむ心が継続の秘訣です。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。